大好物だったものが突然食べられなくなってしまった、こうなるくらいならもっと食べておけばよかった、と後悔する前にアレルギーがどういったものなのかをこの機会にぜひ知っておきましょう。

アレルギーが原因で好物が食べられなくなった女性

蕁麻疹などのアレルギー症状のレーザー治療

皮膚科の病院では、蕁麻疹などのアレルギー症状の治療を行っています。治療法は症状によって異なり、最適な治療法を医師が提案しますので、医師と話し合って治療法を選びます。蕁麻疹の主な治療法には、外用療法と内服療法、光線療法などがあります。一般的には外用療法で治療を行い、外用療法を受けても改善しなかった場合には、内服療法や光線療法が行われます。
蕁麻疹の外用療法は、ステロイドや活性化ビタミンD3などの塗り薬を皮膚に塗って治療を行います。薬の塗り方は医師からの説明を受け、医師の指導通りに患部に塗ることが必要です。軽い症状の場合は外用療法で完治します。外用療法で完治できなかった時には、内服療法が実施されます。
蕁麻疹の内服療法は、免疫抑制剤や角化症治療薬を服用して治療を行います。これらの内服薬には副作用がありますので、医師からの注意事項をしっかりと守るようにします。蕁麻疹の痒みがひどい場合には、抗ヒスタミン剤の投与が行われます。内服療法をしばらくの間続けると、ほとんどの蕁麻疹は治ります。
光線療法はレーザー治療とも呼ばれています。医療用レーザーを患部に照射するだけで蕁麻疹の治療ができることが特徴です。1週間に1回から2回程度、レーザーの照射を行うと蕁麻疹の症状は改善されます。レーザー治療を受けると、アレルギー症状が出ている皮膚を綺麗にすることができ、痕が残るようなことがなくなります。美容面も考慮した治療を希望する人は、レーザー治療がおすすめです。レーザー治療は他の皮膚のアレルギー症状の治療をすることも可能です。
皮膚のアレルギー症状の治療費は、外用療法と内服療法は保険診療が可能ですので、安価な費用で治療ができます。レーザー治療は自費診療になるため、外用療法や内服療法よりも治療費は高くなります。レーザー治療は、美容皮膚科でも受診することが可能です。