大好物だったものが突然食べられなくなってしまった、こうなるくらいならもっと食べておけばよかった、と後悔する前にアレルギーがどういったものなのかをこの機会にぜひ知っておきましょう。

アレルギーが原因で好物が食べられなくなった女性

ピーマンアレルギー改善に薬の服用や治療を受ける

アレルギーの中でも花粉症の人はその植物の花粉だけに注意するのではなく、食べ物にも注意が必要になります。花粉症のアレルゲンに似た物質を保有する食べ物は多く存在し、特に野菜や果物は反応が出てしまう人が多くいます。

北海道に多く群生しているカバノキ科のシラカバの花粉症の人は多く存在していて、似ている構造のアレルゲンである共通抗原を持つ野菜にピーマンがあります。ナス科の唐辛子の仲間であり、日本でも古くから食されています。元々食べることができていた人でも、シラカバの花粉症を発症したら食べることを控えるべきです。

ピーマンを食べたときの症状として、口腔アレルギー症候群になることがあります。唇が荒れたり口の中や喉あたりでイガイガした感触を覚えたりします。症状が重い人は胃痛や下痢を引き起こしたり、鼻水や目の充血そして蕁麻疹や喘息の症状、アナフィラキシーショックを起こし意識が無くなり命の危険性が出る人もいます。

軽度な場合には、それぞれの諸症状を抑えることができる薬の服用でも構わないですが、重篤な症状をいつ引き起こすか分からないため、症状が出たらクリニックなどにおいて抗アレルギー薬の服用などの治療を受けたほうが安心です。

シラカバ以外の花粉症を発症している人もアレルギー体質の可能性が高く、他の植物の花粉にも弱かったり野菜や果物に反応してしまうことがあるため、前もってアレルギー検査を受けて反応が出る可能性があるものを把握しておき、極力避けるなどの対応が必要です。

アレルギーの原因物質を少量ずつ摂取し、体を慣れさせることで症状の緩和や反応が出ないようにする方法がありますが、素人判断で実施するのは危険です。ピーマンを少しずつ食べて慣らしたいというときには、医師の指導を受けながら行うことで危険を回避できます。