大好物だったものが突然食べられなくなってしまった、こうなるくらいならもっと食べておけばよかった、と後悔する前にアレルギーがどういったものなのかをこの機会にぜひ知っておきましょう。

アレルギーが原因で好物が食べられなくなった女性

バラ科の果物アレルギーを予防するためのガイドライン

最近はバラ科の果物アレルギー非常な勢いで増えています。バラ科の果物にはリンゴやイチゴ、桃やびわなどがあり、これらの果物を食べると口の中が痒くなったり、体にじんましんが出るなどの症状が出ます。花粉症の人はバラ科の果物アレルギーになりやすいので要注意です。
果物アレルギーの予防のガイドラインとしては、果物アレルギーは果物野菜過敏症というアレルギー症状であり、果物アレルギーの人はバラ科の果物の摂取を控えることが必要です。花粉症の人は花粉症のシーズンには、イチゴなどの果物を食べないようにすることが大切です。
キウイもバラ科の果物になりますが、キウイは特にひどいアレルギー反応が出ます。キウイは花粉症とよく似た症状が出ることが特徴で、鼻水や鼻づまり、目のかゆみがひどくなります。症状が悪化すると気管支喘息を患ったり、アナフィラキシーショックを起こすことがあるので注意が必要です。
キウイを使ったジャムが販売されていますが、ジャムは食べても問題ありません。黄色の果肉のキウイも症状が出ない場合が多いです。ただし、100パーセント症状が出ないとは確証できませんので、注意して摂取するようにします。心配な人はキウイを原料にしている食品を一切食べないようにすると安心できます。
果物アレルギーの治療は内科の病院で受診できます。子供の場合は小児科でも治療することが可能です。じんましんの症状がひどい場合には、皮膚科の病院で専門的な治療が受けられます。鼻水や鼻づまりの症状がひどい場合には、耳鼻咽喉科に通院することをおすすめします。いずれの病院でも薬物療法が治療の中心になり、処方された薬を飲むことによって症状は改善します。